建築×デザインの株式会社アディックス[一級建築士事務所]
トップページ ブログ お問合せ
住宅リフォーム・リノベーション
オフィスデザイン・施工
外壁・屋根リフォーム
介護リフォーム
耐震診断・補強工事
店舗デザイン・施工
住宅設計・施工
工場・駐車場・他各種新築工事
建物メンテナンス
特殊建築物定期調査
インテリアコーディネート
施工実績
会社概要
addix blog
リンク
 
耐震診断・補強工事
 
住宅やビルが地震に対してどの程度被害を受けにくいかといった地震に対する強さ、すなわち「耐震性」の度合を調べるのが「耐震診断」であり、阪神・淡路大震災の教訓をもとに1995年(平成7年)12月25日に「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」が施行されました。

この中では現在の新耐震基準を満たさない建築物について積極的に「耐震診断」や改修を進めることとされています。



 
国土交通省住宅局建築指導課監修、「財団法人 日本建築防災協会」発行の2004年改訂版「木造住宅の耐震診断と補強方法」の中で、以下の3種類の診断方法が示されています。



誰でもできる我が家の耐震診断(PDF)でご自分でチェックしてみてください。
 
   
耐震性の心配がある場合、あるいはより詳しく診断したい場合、専門家による「一般診断法」を実施。
   
この結果を受け「精密診断法」により、補強が必要かどうかの最終的な診断を行う。
   
step01でのチェックで、耐震性に心配がある場合、当社にお気軽にご相談ください。
大阪府知事指定「既存木造住宅の耐震診断・改修講習」修了者が対応させていただきます。 



 
上記の診断結果に基づいて補強計画を立てます。
木造住宅の主な補強工事には、以下のようなものがあります。
 
 
1.筋かいを入れたり、構造用合板を貼って強い壁の量を増やす方法

柱やはりだけでは地震の力に抵抗できません。
筋かいを入れるか、または構造用合板(厚さ7.5mm以上)を柱・土台・はり・胴差・間柱・胴縁に十分に釘打ちして下さい。
 
2.壁の量を増やし、かつ、バランス良く配置する方法

開口部(ガラス窓等)が多いほど地震に弱くなります。
開口部を減らし、筋かいをや構造用合板で補強された壁を増やして下さい。
隅部を壁にすると一層効果的になります。
 
3.土台・柱・筋かいなどの接合を、金物等を使って堅固にする方法

ほぞ差しだけの柱、はりの仕口は、ほぞが折れたり抜けたりします。
羽子板ボルトなどの金物抜け落ちないようにします。
 
4.腐ったり、シロアリ等による被害のある部材を取り替える方法

キッチン、浴室、洗面所の近くや北側の土台まわりのように湿りがちのところは、特に早く腐ります。土台を取り替えて、柱は根継ぎして金物で補強して下さい。
この場合、防腐(防蟻)措置を忘れてはいけません。


耐震診断の結果、補強工事の実施を提案させていただくことはございますが、耐震診断を申し込んだからと言って、必ずしも当社と補強工事の契約を結ぶ必要はございません。
また、補強工事をお考えの場合も工事内容を説明するともに、お見積りを提示させていただいた上でご検討いただきますので安心してご依頼ください。


よくあるご質問会社概要リンク