建築×デザインの株式会社アディックス[一級建築士事務所]
トップページ ブログ お問合せ
住宅リフォーム・リノベーション
オフィスデザイン・施工
外壁・屋根リフォーム
介護リフォーム
耐震診断・補強工事
店舗デザイン・施工
住宅設計・施工
工場・駐車場・他各種新築工事
建物メンテナンス
特殊建築物定期調査
インテリアコーディネート
施工実績
会社概要
addix blog
リンク
 
特殊建築物定期調査
 
建築物の中でも共同住宅・劇場・映画館・病院・ホテル・旅館・百貨店など不特定多数または、特定多数の人々が利用するもの(このような建築物を「特殊建築物」といいます。)は、いったん火災が起こった場合には大惨事になるおそれがあります。
こうした危険を避けるために、建築基準法では、特殊建築物や建築設備を定期的に専門の技術者に調査・検査をしてもらい、その結果を特定行政庁に報告するよう義務付けています(建築基準法第12条)。
定期的な調査を行うことで、重大事故の発生を未然に防ぐことが目的です。


 
不特定多数の者が利用する一定規模以上の建物のことを言います。
具体的には下記の表に該当する建物です。

用途 用途に供する部分の階数及び床面積の合計 調査及び
報告時期
劇場、映画館、演芸場 床面積の合計が200m以上 3階建て以上
または 主階が一階にないもの
2年に一度
観覧場、公会堂、集会場 床面積の合計が200m以上 または 3階建て以上 2年に一度
病院、診療所、老人ホーム、児童福祉施設等 床面積の合計が300m以上 または 3階建て以上 2年に一度
旅館、ホテル 床面積の合計が500m以上 または 3階建て以上 2年に一度
下宿、共同住宅、寄宿舎 床面積の合計が500m以上 または 3階建て以上 3年に一度
学校、体育館 床面積の合計が2000m以上 または 3階建て以上 3年に一度
博物館、美術館、図書館、ボーリング場、スキー場、スケート場、水泳場、スポーツの練習場 床面積の合計が2000m以上 または 3階建て以上 3年に一度
百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、カフェー、バー、ナイトクラブ、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、待合、飲食店、物品販売業を営む店舗 床面積の合計が500m以上 または 3階建て以上 2年に一度
上記に掲げるものを除き、事務所その他これらに類するもの 床面積の合計が1000m以上かつ5階建て以上 3年に一度


アディックスでは、一級建築士が特殊建築物の定期調査および報告業務を承ります。
特殊建築物の所有者・管理者の皆様は、お気軽にご相談ください。


よくあるご質問会社概要リンク